スタッフブログ

Home»スタッフブログ»医療費ってどれくらいかかるの?(´・ω・`)?

医療費ってどれくらいかかるの?(´・ω・`)?

こんにちはヾ(*・∀・)/

すっかり暖かくなってきました

っていうか。

暑い!!!

ちゃり通勤が多くなってきていますが・・・

行きだけでもっていた水筒が空になるって・・・

どういうことぉヾ(・ε・。)ォィォィ

ちゃんと水分補給しながら生活シマショウ

 

さて。

前回のお話の中に「高額療養費制度」という言葉をだしましたが・・・

覚えてない方はコチラ↓↓

入院時の食事代値上げ!!(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)ヒェェ

 

その

「高額療養費制度」

おさらいしておこうと思いました。

保険を検討する上でも知っておいたほうが良い制度です

 

高額療養費制度とはざっくりいうと

『かかった医療費の自己負担額が1か月(1日~月末)で一定額を超える場合に、その超える金額が支給される制度」です

ここで「一定額」とありますが、これは年齢、収入によって自己負担額の限度額が変わってきます。

例えば。

40歳、年収500万のサラリーマンさんで、
100万円の医療費がかかった場合

まず、健康保険で3割の30万円が窓口負担となりますね。

ただし、年収370万円~770万円までの人の自己負担額は

80,100円+(医療費-267,000円)×1%

なので、計算式に入れ込むと・・・

80,100円+(1,000,000円-267,000円)×1%=87,430円

ということで自分自身のお財布からでていくお金は

87,430円

です。

 

で、

前回お話しした通り

「入院中の食事代は一部負担」で「健康保険適用外」

だからそのまま上記の金額に上乗せになります。

3食(朝・昼・版)×7日間×460円=9,660円

合計で97,090円!!

どうでしょう。

 

いつものお財布から10万近く出すことってありますか???

万が一の時はどこからこの10万円を作るかです。

だからみなさん保険に加入しているのですよね

 

ちなみに年収770万円~1,160万円の人は同じ条件での入院・医療費だと

181,480円になります。

意外と多くてびっくりしますよね。

「高額療養費制度」を知っていればどれくらい医療費がかかることがわかります。

これを踏まえて一度保険を見直してみてください。

足りなかったり、多すぎたり。

アルカモデス・・・

保険はプロに相談が一番ですよ

お待ちしております♪♪♪

 

■■お役立ち情報■■

アフラックより新しいがん保険が発売されました

今まで以上に現在の治療に寄り添った保障内容になってますので一度ご覧ください

資料請求はコチラをクリック

■■■★■■■★■■■★■■■★■■■★■■■★■■■★■■■

私たちにできることがあります

保険相談はアフラックサービスショップMARK IS 静岡店へご来店下さい。

今なら『血管年齢測定器』による血管年齢をその場で測定できますよ♪♪

こんな感じ(*ノω・*)テヘ

365日夜9時まで相談できます

マークイズHP こちらをクリック!!

ページトップへ戻る