スタッフブログ

Home»スタッフブログ»静岡がんセンター公開講座2017 第7回 行ってきました♪♪

静岡がんセンター公開講座2017 第7回 行ってきました♪♪

こんにちはε=ヾ(*・∀・)/

今年もすでに10日ですが・・・

実は12月に本日の標題でもあるがんセンターの公開講座に行ってきていたのでした・・・

||||||||||凹[◎凸◎;]凹||||||||||ガーン

ご、ご、ごめんなさいーーーー(*p´д`q)゚。

ご報告が遅くなってしまっていました

すっかりUPしているものだと思っていたのですが・・・

1月9日の静岡新聞に公開講座の内容が掲載されていて・・・

あ。

わすれとったぁ~(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)

と。

 

気を取り直して!!!( ー`дー´)キリッ

今回もかなりの参加者でした

今回のお題は

「がんの放射線治療」

「肺がんの抗がん剤治療」

でした。

がん治療は「手術」「放射線治療」「薬物療法」が3つの柱になっていて、「手術」は局所/切る、「薬物療法」は全身/切らないとう治療ですが、「放射線治療」は局所/切らないということで放射線治療照射には切った痛みや照射による苦痛はないとのことです。

※放射線を当てた局所だけに副作用がでるとのことでした

このことから年齢とともに体力が低下し合併症が多くなったりし、体の負担が大きくなってしまう高齢者にも選択しやすい治療だそうです。

現在静岡がんセンターでの放射線治療をうける年齢は

65-70歳

が、一番多い年代だそうです

80歳以上も1割を越しているそうです。

高齢化社会・・・・

年齢が高くなっても積極的に治療を受けることが可能なんですね♪

また、抗がん剤治療についても「分子標的薬」という新しい化学療法が主流になっていてその分子標的薬について詳しくお話がありました。

かなり専門用語も多く難しい内容でしたが、抗がん剤治療には現在も様々な薬が開発されていることはわかりました。

現在治療している人に一筋の光になればと思いました。

今回で2017年度の公開講座は終了しましたが、また来期の講座にも参加していきたいと思いました!!

皆様へより多くの情報をお届けできればと思います。

詳しくは1月9日の静岡新聞朝刊をご覧くださいね!!

 

■■お役立ち情報■■

放射線治療は通院が可能となっています!!

通院での放射線治療や陽子線などの先進医療も保障する保険もありますよ!!

一度資料をみてみませんかっ?

資料請求はコチラをクリック

■■■★■■■★■■■★■■■★■■■★■■■★■■■★■■■

私たちにできることがあります

保険相談はアフラックサービスショップMARK IS 静岡店へご来店下さい。

今なら『血管年齢測定器』による血管年齢をその場で測定できますよ♪♪

こんな感じ(*ノω・*)テヘ

365日夜9時まで相談できます

マークイズHP こちらをクリック!!

 

 

ページトップへ戻る