保険の役割

Home»保険の役割

ライフステージから見る生命保険

プロが勧めるライフステージごとの保険提案

独身の方におすすめの保険

独身の方は、ご自身の病気やけがに対する終身タイプの医療保険と、がんの保障に特化したがん保険が必要になります。また、万一の際の死亡保険(お葬式代などの死後整理金)を最低限200万円~300万円ご準備される方が多く、病気・けが・死亡に対する保障がそろっていれば、まずは安心です。
入院期間が減って通院期間が増加している現在、医療保険とがん保険は、入院給付金に加えて通院給付金が出るタイプや、がん保険では最も費用の掛かる抗がん剤の治療が出るタイプがおすすめです。

医療保険
がん保険
終身保険
ご結婚され、家族を持たれた方におすすめの保険

ご結婚されて配偶者のいる方は、医療保険、がん保険、終身保険に加えて、万一の際の遺されたご家族の生活資金として定期保険、老後の生活資金の準備として個人年金が必要となります。万一の際は、国から遺族年金も出るため、その年金額を含めて定期保険の保険でその差額を補う必要があります。また、老後の生活のため個人年金は将来の退職金や貯蓄額、及び国の老齢年金額などを試算し、老後の生活スタイルに合わせた保険金設定が必要です。

医療保険
がん保険
終身保険
定期保険
お子様が生まれた方におすすめの保険

お子様が生まれた場合、医療・がん・終身・定期保険に加えて、お子様の将来の教育資金準備として学資保険が必要となります。学資保険は、保険会社各社の戻り率や支払い回数などが異なるため注意が必要です。高校入学時や大学入学時など、教育資金が必要なタイミングを事前に検討し、計画的なご加入をおすすめします。

医療保険
がん保険
終身保険
定期保険
定年退職され、お子様も独立されている方におすすめの保険

定年退職され、退職後の生活を安心して過ごすためには、病気の備えが重要です。お若いころにご加入された医療保険やがん保険は、現在の医療事情には保障が不足している場合や、逆に必要以上に大きな保障が付いた保険に加入している場合もあり、最新の医療保険やがん保険の保障と比較して、必要十分な保障に加入する必要があります。持病をお持ちの方などは、通常の医療保険には加入できない場合があり、そのような方でも保険会社の審査が緩和された緩和型医療保険がございます。審査項目が少なく、持病などがあっても加入しやすい保険です。また終身保険に関しても、審査がなくどなたでも加入できる終身保険がございます。ご病気の有無に関わらず、まずはご相談ください。

医療保険
がん保険
終身保険

ページトップへ戻る