こんちは(`・ω・´)/

急に寒くなって体調が安定しないホリウチですが( ,,・ิω・ิ,, )テヘ

年齢的なことだと気が付かない方向でっ|д・) ソォーッ…

 

さて、先日

静岡がんセンター公開講座2007

に、参加してきました(*´艸`*)ヘヘヘ

毎回できるだけ参加するのですが、

今回はもっとも聞きたかった

「抗がん剤と副作用」

というお題だったんです

抗がん剤の副作用ってどんなものを思い浮かべますか?

激しい吐き気と脱毛ですよね

最近は「支持療法」という副作用をできるだけ緩和する医療が注目されているようです

 

抗がん剤による副作用対策のことを

『支持療法』

というらしい

例えば嘔吐に対しては「食事の工夫」や「嘔吐を抑える治療」など。

また、口腔粘膜炎には口腔ケアなどがありますが、抗がん剤治療の前に歯の治療をおこなうことも一つの支持療法だといえますね。

古典的抗がん剤は抗がん剤によっておこりやすい副作用の予測はある程度可能だそうです。

ε=ヾ(*・∀・)/オオオ~

程度や時期に関しては個人差があるようですが・・・

支持療法は医師以外にも看護師、薬剤師、医療ソーシャルワーカー、管理栄養士、臨床心理士、言語聴覚士、理学/作業療法士、歯科医師/衛生士など多職種でのチーム医療となっているとのことです。

心強いですよね

また、近年増えてきている『分子標的薬』もあり

この分子標的薬は苦痛の強い副作用は少ないといわれているようです。

抗がん剤は全身のがん細胞に効果を発揮するけど正常細胞にも作用してしまうため副作用が起きてしまう・・・

副作用は個人差があり、致死的な副作用も起こりうるということも。

もし「がんに罹ったら・・・・」

お医者さんとしっかりコミュニケーションを取り、

これから起こりうることをしっかり聴き、

治療に専念したいですね。

 

がんは治療だけでなく副作用によって

いつもできていたことができなかったり・・・

色々なことが考えられます

 

体が大変な時だからこそ
経済的な不安だけでも取り除くことができるのが

『保険』です

大変な時にしっかりサポートしてくれる保険の準備をしてくださいね♪♪

 

■□■ プチ保険情報 ■□■

がんの治療には「抗がん剤」という治療があります

「抗がん剤には飲み薬があることは知っていますか?

抗がん剤(飲み薬含め)の通院治療が保障される保険があります

資料請求はコチラをクリック

■■■★■■■★■■■★■■■★■■■★■■■★■■■★■■■

私たちにできることがあります

保険相談はアフラックサービスショップMARK IS 静岡店へご来店下さい。

365日夜9時まで相談できます

マークイズHP こちらをクリック!!