ちゃんと応える医療保険EVER

一生涯にわたって必要な入院リスクへの対策

若い方ではスポーツや交通事故などの「ケガ」、年齢を重ねれば「病気」を原因とした入院リスクを常にはらんでいます。年代を問わず必要な「入院保障」を最近の医療事情を反映した「ちゃんと応える医療保険EVER」で用意してはいかがでしょうか。

「入院の短期化」=「治療の短期化」?

医療技術の向上や医療制度の変化に伴って、入院日数は短期化の傾向にあります。その一方で、入院前後に通院される割合は8割(*1)を超えています。つまり、入院期間は短期化の傾向にありますが、必ずしも治療期間が短くなっているとは限らないようです。(*1 厚生労働省 平成26年患者調査)

このような現状を踏まえ、「ちゃんと応える医療保険EVER」では医療費がかかる入院時に加え、通院(*2)に対する保障も備えています。(*2 通院ありプランの場合)

特約で必要な保障を必要なときだけ用意

「特約」とは保険で言うオプションのことです。ベースとなる保障(主契約)が継続していれば、途中で特約をプラスしたり(*)、特約だけ解約することができます。(* 一部の特約を除く)

家族構成や年齢によって必要となる保障は変わります。臨機応変に保障内容を変更できる「ちゃんと応える医療保険EVER」がおすすめです。

女性特定疾病の治療を目的として入院したとき

女性特定手術給付金

病気・ケガの治療を目的としてつぎの手術を受けたとき
・乳房観血切除術 ・子宮全摘出術 ・卵巣全摘出術

乳房再建給付金

女性特定手術給付金が支払われる乳房観血切除術を受けた後に乳房再建術を受けたとき

病気・ケガで先進医療を受けたとき

三大疾病(悪性新生物・急性心筋梗塞・脳卒中)になった時の一時金保障

疾病・災害入院給付金が支払われる入院をしたとき

三大疾病で所定の状態になったとき

こちらの特約は中途付加はできません

病気やケガで所定の就労困難状態に該当した場合、当面の生活費を一時金でカバーします

所定の就労困難状態の詳細については「契約概要」等をご確認ください

所定の精神疾患で働けなくなったときの当面の生活費を一時金でカバーします

所定の就労困難状態の詳細については「契約概要」等をご確認ください

「就労所得保障一時金特約」と同時にお申込みいただく場合に限り付加できます

所定の要介護状態になったときの一時金保障

所定の要介護状態の詳細については「契約概要」等をご確認ください

認知症で所定の要介護状態になったときの一時金保障

認知症による所定の要介護状態の詳細については「契約概要」等をご確認ください

商品の詳細につきましては、「契約概要」等をご確認ください。

SBSプロモーションへのお問合せ・資料請求は0120-154-654(平日9:00~18:00/土日祝9:00~17:00)

PAGETOP