医療保険における「1回の入院」とは

1度退院した後に再入院の場合でも、1回の入院とみなされる場合があります

「ちゃんと応える医療保険EVER」「健康応援医療保険」以外(*)のアフラックの医療保険では、下記の条件のいずれにも該当した場合は1回の入院とみなされます。

  • 同一または関連性の高い原因により2回以上入院した場合
  • 退院日の翌日からその日を含めて180日以内に再度入院した場合

例えば、ある病気で45日間入院し、退院1ヵ月後に再度30日間入院した場合、入院自体は2回です。しかし、1回目に退院してから2回目の入院までの間隔が180日以内のため、入院給付金支払日数としては連続で入院していたと考えます。つまり、45日+30日=75日入院していたこととなります。

仮に、入院給付金支払限度日数が「1入院につき最高60日まで」の医療保険に契約されていた場合、上記の例に当てはめれば、75日の入院日数中60日分が支払われます。

再入院した場合の入院日数の数え方

入退院を3回以上繰り返した場合も、同様の考え方となりますので、それぞれの入院と入院の間が180日以内の場合は、入院日数は累計されます。

再入院した場合の入院日数の数え方2

原因が異なれば新しい入院となります

ご契約されているアフラックの医療保険が「ちゃんと応える医療保険EVER」「健康応援医療保険」以外(*)の場合、180日以内の再入院すべてが1回の入院とみなされるわけではありません。上述した2つの条件に該当しなければ、新たな入院となります。例えば、胃潰瘍で入院・退院し、1ヵ月後に骨折で入院された場合は原因が異なりますので、新しい入院として1入院あたりの入院限度日数分まで保障されます。

同一原因でも180日以上間が空いてれば新しい入院とみなされます

骨折をされた場合、体に埋め込んだ金具を1年経過後に抜くため入院される方もいらっしゃいます。こうした場合、原因が同じですが、前回の入院から180日経過しているため、新しい入院として1入院あたりの入院限度日数分まで保障されます。以前、治療を受けられた病気が、数年後に悪化してしまい入院された場合も同じです。

「1回の入院」の考え方が異なる「ちゃんと応える医療保険EVER」

「ちゃんと応える医療保険EVER」の場合、入院給付金が支払われる入院の退院日の翌日から180日以内に再入院された場合は、入院の原因が異なっていても1回の入院とみなします。

(*)「1回の入院」の考え方について、一部その他のアフラックの医療保険で「ちゃんと応える医療保険」と同様の商品もございます。

詳細につきましては、ご契約のしおり・約款をご確認ください。
また、既契約内容の詳細については「保険証券」または「ご契約のしおり・約款」をご覧ください。

SBSプロモーションへのお問合せ・資料請求は0120-154-654(平日9:00~18:00/土日祝9:00~17:00)

PAGETOP