引受基準緩和型新医療保険

(本商品は新規お申込はできません)

発売日:2010年6月21日

健康に不安がある人も入りやすい医療保険 新やさしいEVERの特長

  • この保険は告知項目を簡素化し、引受基準を緩和したことにより、アフラックの通常の医療保険に比べて保険料が割増しされています。
  • ご負担いただく保険料は、一生涯変わりません。
  • 病気・ケガを問わず、入院1日目から保障されます。
  • 病気・ケガに対して一生涯保障が続きます。
  • 入院の有無により、支払われる手術給付金額が異なります。
  • 契約日から1年間は保障額が半額になります。

健康に不安がある人も入りやすい医療保険 新やさしいEVERの保障内容

入院給付金日額5,000円の場合

(詳しくはパンフレット・約款をご覧ください)

保険期間:終身
保険料払込期間:終身

疾病入院給付金病気で入院したとき
1日につき5,000
災害入院給付金ケガで入院したとき
1日につき5,000
手術給付金入院中に手術を受けた
1回につき5万円
外来による手術を受けたとき
1回につき2.5万円
放射線治療給付金放射線治療を受けたとき
1回につき5万円
先進医療一時金先進医療を受けたとき
1回につき5万円

契約日から1年以内は保障額は半分になります。

給付金などの支払われ方

疾病・災害入院給付金

  • 入院1日目から保障されます。
  • 病気による入院には「がん」も含まれます。
  • 1回の入院に対して60日まで、保険期間を通じて通算で1,095日まで保障されます。
  • 日帰り入院も保障の対象です。(日帰り入院とは、入院日=退院日の入院で、入院料の支払の有無で入院かどうか判定されます)

「1回の入院」の定義について

本商品では、下記にある条件いずれにも該当する場合、1回の入院とみなします。

  • 同一または関連性の高い原因により2回以上入院した場合
  • 退院日の翌日からその日を含めて180日以内に再度入院した場合
同じ原因で180日以内に再入院された場合
前の入院からの継続として入院日数はカウントされます

手術給付金

  • 公的健康保険が適用される約1,000種類の手術を保障します。(一部、対象外となる手術があります)
  • 一連の手術については14日間に1回支払われます。

一連の手術について

一連の手術とは、同一の手術を複数回受けられ、かつ、その手術が医療診療報酬点数表において一連の治療過程に連続して受けた場合でも手術料が1回のみ算定されるものとして定められている手術をいいます。(例:「下肢静脈瘤手術(硬化療法)」、「網膜光凝固術」など 2019年1月現在)

放射線治療給付金

  • 放射線治療を複数回受けた場合は、放射線治療・電磁波温熱療法それぞれにつき施術の開始日から60日に1回の限度となります。

先進医療一時金

  • 先進医療一時金は1年間に5回を限度とします。
  • 先進医療の保障は、治療を受けた時点で厚生労働大臣の定める先進医療に該当する治療が対象です。先進医療を実施している医療機関は、医療技術ごとに異なり、限定されています。保障対象となる先進医療および先進医療を実施している医療機関は変更となる可能性がありますので、ご注意ください。
  • 歯(牙)、歯肉、歯槽骨の疾患(悪性新生物は除く)、またはこれらの傷害に関するもの、および歯(牙)欠損を直接の原因とする療養(インプラントを含む)は先進医療一時金の保障対象外となります。

その他

  • 満期金・配当金はありません。
  • 解約時の解約払戻金はありません。

商品の詳細については「契約概要」等をご覧ください。また、既契約内容の詳細については「保険証券」または「ご契約のしおり・約款」をご覧ください。

SBSプロモーションへのお問合せ・資料請求は0120-154-654(平日9:00~18:00/土日祝9:00~17:00)

販売終了商品

AFH061-2019-5060 4月15日(200415)

PAGETOP