悪性新生物(あくせいしんせいぶつ)

俗に言う「がん」のことをいいます。

「悪性新生物」の大きな特徴は、2つ挙げられます。

無秩序な増幅
正常な細胞は、それぞれの役割を果たし、ある一定の調和を保っています。しかし、がん細胞は正常細胞が変化して出てくるもので、からだ全体の調和を無視して無秩序に増え続けていきます。
浸潤・転移
がん細胞はまわりの正常な組織に侵入したり(浸潤)、血管やリンパ管を通ってからだのいたるところに定着し、そこで増殖する(転移)性質があります。

悪性新生物は、他の病気と大きく異なるこの性質により、悪性の病気といえます。

新生物(腫瘍)の分類と主な違い
  良性新生物 上皮内新生物 悪性新生物
浸潤(周囲組織) ない ない ある
転移 ない ない ありうる
再発 ない(*) ない(*) ありうる

* 適切な治療が行われている場合

SBSプロモーションへのお問合せ・資料請求は0120-154-654(平日9:00~18:00/土日祝9:00~17:00)

PAGETOP